アキラのMHXX日記

まったりドタバタで大笑いしながらモンハンをやるチームアキラの日常をお送りします。

終点でクロスした2人

大した出来事ではなかったのだけれど、あまりにも面白かったので軽めの記事にして投稿します。


筆者のモンハンをやる楽しみの中に、装備をコーディネートするというものがある。見た目とスキルをなんとか兼ね備えた装備を作るのが好きなのだ。まぁ、今回は防具合成ができるようになったので、前向きに捉えれば見た目とスキルポイントに四苦八苦しないでよくなったのだが、頑張ってそれらを考える楽しみと、出来上がったときの喜びが半減するのは、それはそれで悲しくも思う。

そんな複雑な心境に駆られながらも、筆者は新しい装備を作ろうとしていたのですな。筆者がその時、目を付けていたのがガムートX装備。ガムートの素材感と、いかにも寒冷地方のハンターが着ている感が満載なので、気になっていたんだよね。で、今のところ着ている人を見たことがないので。

さてさて、スキルはどんなもんだ?

北風の狩人
破壊王
痛恨会心



痛恨会心!!!???
これはどうも、マイナス会心を一定の確率で強力な会心攻撃にできる、というもの。ともなれば、あのボウガンが使える!!!

筆者の言う、あのボウガンとは【しゃがみ射ち】に特化した決闘用の一丁です。名を【バズディアーカ】といいます。そう、ディアブロスのヘビィ―ボウガンです。このボウガンに会心マイナス20%がある。これだ! もうディアブロスのボウガンというだけで使いたかったのだけれど、いかんせん取り回しにくい。弾道のブレは左に大きく、リロードは遅く、そして会心率はマイナス20%。射てる弾もメイン攻撃弾である通常弾と貫通弾があまり多く装填できない。まさに【リスクを背負って、しゃがみ射ちの瞬間的な火力に全てを賭ける、最高にオトコマエなボウガン】なのだ!

 

f:id:schilf:20170409032411j:image

肝心のしゃがみ射ち対応の弾は貫通弾レベル1、2だ。こいつを、ボルテージショットしたくなったんですよね。と、いうわけで、バズディアーカはすでに持っているのでガムートの防具だけ作ってしまおう。なになに?


おや、脚だけ作れないようだ。







不足素材

ファンゴの厚毛皮×8




デターーーーーーー!!!
普段全く気にしてないけど、ふとある時に要求されたら間違いなく足りてない素材―――! しかも8ってなかなかの数だな。

「なーんでそんなもん要るの?」

と、50センチほど前で別々にモンハンをやっているやっちゃんが言う。要るもんは要るんですよぉぉぉ! 仕方ない。ここはサブターゲットで手早くファンゴを狩って帰還し、その報酬と剥ぎ取りでまかなうことにしよう。えーっと、ファンゴファンゴ…。


ないッ!!!!!


ファンゴがサブターゲットのクエストがない。ななななならば仕方ない。せめてファンゴが多く出そうなツアーに行こう。筆者、どこでファンゴと出逢ったか覚えてないのよね。感覚的には渓流や森と丘なんかでよくエンカウントしたような。ええっと、依頼書の主なモンスターで確認してみよう。せっかく【ネコの解体術 大】も発動したことだし、無駄にはしたくないのでね。ええっと、ファンゴファンゴ…。






ないッ!!!!!!!!

なんでやねんコラァ!!!

たかだかファンゴでなんでこんなに「ムツツツツツッ!!!!!」ってならなきゃならないのさ。精神衛生上よくないわ。仕方ない。一番それっぽい渓流に行ってみるか。

ドタドタとバズディアーカを担いで渓流に赴く。ファンゴはマップで言うと左端の洞窟付近に2頭だけいた。倒した後も何回かは地面から生えてくるので、倒して剥ぎ取って、生えてくるのを待つというのを繰り返すことに。

ところがまぁ、剥ぎ取れるのは生肉や骨ばかり。挙句の果てに【ファンゴの上毛皮】なんていう、ちょっとお前ええ加減にせぇや的な上位素材まで出始める始末。結局、この回は生肉2、上毛皮4、骨2、厚毛皮2という惨状。こんなに出にくいものなのか?


「ファンゴって、どこおるん?」

なにやら、やっちゃんもファンゴに会いたいらしい。渓流にいることを教えて、そこからは目の前にお互いがいるにも関わらず、黙々とファンゴ狩り。そしてようやく目標の枚数に到達した。さぁ、作るぞ作るぞ。頭はやはりゴツイので、防具合成で見た目を選ぼう。今回の感じだと【異形】か【EXジンオウ】が良さそうだ。【キリン】でもいいかなと思ったが、髪の色が真っ白すぎて浮いてしまうような気がしたので、上の二つに絞った。

筆者はEXジンオウを選択。
はい、できた!


f:id:schilf:20170409032432j:image


これに装飾品やら護石をちょめちょめして更に弾丸の最大数生産と反動軽減+1を発動。反動軽減は貫通2をボルテージショットをする時に必要だからね。反動を一段階軽減しないと連発できないのです。そして最大数生産は、貫通弾2を調合した時に必ず3発ずつ入手するために。あっと言う間に貫通弾1、2を合計120発射ち尽くしちゃうからね。なるべくたくさん作れるようにしないと、もたないのです。


「よし、できた!」

同じくらいのタイミングでやっちゃんも何かを作った模様。新しい装備を作ったら、やはりその使い心地を試したくなるのは当然のこと。筆者とやっちゃんはそれぞれ出来立てほやほやの装備を着て集会所で会した。



「!?!?!?!?!?」

互いの姿を見合って、筆者とやっちゃんは驚愕した。



これを見てみろよッ!!!


f:id:schilf:20170411122523j:image

なんと、全く同じ装備!
頭だけ違うのだが、なんとやっちゃんは筆者がジンオウとどちらにするか悩んだ【異形】を選択しているではないか。訊けばやっちゃんもEXジンオウか異形かで悩んだそう。しかもキリンは白くて髪の色が変えられないから却下という、筆者とまったく同じ思考のもとに見た目を選択していた。これはもう笑うしかない。なにこの友達と遊ぶ約束して会ったら同じような服を着てきてしまったー、みたいなの。

目の前にいたのに、それぞれ同じ防具を作成していたらしいのだ。しかも同じくファンゴの厚毛皮が足りていないというシンクロっぷり。


と、いう、これだけを書くためにこの日記を投稿しました。
でも文字数を見てみたら2000文字。
普段の日記と変わらないね。軽くのつもりがけっこう書いてしまった。それにしても、相変わらずの、のんびり通常運転です。狩りの内容を書くのも勿論、楽しいのだけれど、たまにはこういうのほほんとしたのも書きたいね。そういうちょっとした日常風景を楽しめるのも、モンスターハンターのいいところ。



今作も、なるべく長く遊びたいものです。